Category Archives: 学会の活動

数理社会学会の活動

第65回大会ワンステップアップセミナーのお知らせ

第65回大会前日の3月13日(土)午後に、ワンステップアップセミナーを開催します。 JAMS65ワンステップセミナーのご案内(pdfファイル)を参照のうえ、お申し込みください。数理社会学会の会員ではない方も参加できます。 題目:英語による報告と質疑応答に関する技法 講師:佐藤嘉倫(東北大学大学院文学研究科) 日時:2018年3月13日(火)15:00~17:00 会場:成蹊大学吉祥寺キャンパス6号館301教室 申込締切:2018年3月2日(金)まで 申込先:jams65entry[at]gmail.com

Posted in セミナー, 学会の活動 | Leave a comment

第65回大会プログラム(大会前確定版)の掲載

第65回大会は、2018年3月14日(水)・15日(木)の2日間にわたり成蹊大学吉祥寺キャンパスで開催されます。大会プログラムを掲載いたしますのでご確認ください。 第65回大会プログラム(大会前確定版) 間違いなどありましたら、研究理事(竹ノ下弘久)までご連絡ください。jams.research[at]gmail.com

Posted in 学会の活動, 学会大会 | Leave a comment

第65回数理社会学会大会報告要旨集の先行公開

2018年3月14日(水)・15日(木)の2日間にわたり成蹊大学吉祥寺キャンパスで開催される第65回大会の報告要旨集を先行公開します。 第65回数理社会学会大会報告要旨集ウェブ版(pdfファイル) 自由報告要旨(1日目) 自由報告要旨(2日目) 萌芽報告要旨 なお、以下の点にご注意ください。 (1)著作権保護のため、各ファイルは閲覧のみ可の設定になっております(編集および印刷は不可)。 (2)迷惑メール防止のため、ウェブ版要旨集には報告者の連絡先(メールアドレス)を掲載しておりません。大会で配布される冊子体の要旨集には、報告者の連絡先が掲載されます。 (3)第65回大会終了後は、ウェブ版要旨の公開を停止します。

Posted in 学会の活動, 学会大会 | Leave a comment

ニューズレター Vol.33, No.1 (February 2018) 掲載のお知らせ

ニューズレター最新号(Vol.33, No.1)を掲載いたします.ニューズレターは会員の方のみ閲覧可能です.パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています. ※ニューズレターは電子ファイルによる配信が原則となります.紙媒体での郵送につきましては,廃止の方向で現在検討中です.

Posted in ニューズレター | Leave a comment

Contemporary Japanese SociologyがSage社から刊行されました

数理社会学会では学会設立30周年(2016年)記念事業の一環として,日本の社会学の成果を国際発信するために,英語論文集を企画していました.この度2017年12月に,Contemporary Japanese SociologyとしてSage社から3巻セットで刊行されました.すべて定評のある既発表論文からなり,Part 1 Social inequalityin the global societyでは実証研究が,Part 2 Mathematical and rationalchoice sociologyでは理論研究が,それぞれ20本ずつ収められています.執筆者は数理社会学会会員に限られず,1960年代から現代に至る日本社会学の発展の軌跡を,ひろく世界に発信する機会となることを企図しています. Contemporary Japanese Sociology Editors: Jun Kobayashi, Junya Tsutsui, and Masayuki Kanai Preface: Naoki Sudo https://us.sagepub.com/en-us/nam/contemporary-japanese-sociology/book260782 なお,学会事業であることに鑑み,本学会会員のみ特典があります。詳しくは,学会員向けのメーリングリストをご覧ください.学会員専用の申込用紙はここからダウンロードできます。 (小林盾,成蹊大学,編集代表)              

Posted in 企画出版物, 学会の活動 | Leave a comment

第65回大会報告トラベルグラントの募集について

若手会員の学会活動を資金的に支援するために、第65回大会(成蹊大学)へのトラベルグラントを実施します。下記を参照のうえ、ふるってご応募ください。 JAMS65大会報告トラベルグラントの募集について(PDF):JAMS65_TravelGrant

Posted in トラベルグラント, 学会の活動 | Leave a comment

第65回大会(2018年3月14日~15日)Call for Papers

数理社会学会大会は、2018年3月14日(水)から15日(木)の2日間にわたり、成蹊大学にて開催されます。下記、CFPをご覧の上、ふるってお申し込みください。 報告申し込み期間は、2018年1月9日(火)~1月22日(月)(必着)です。 「会員発案の特別企画」の申込期間は、2017年12月18日(月)~12月25日(月)です。 報告募集要項(PDF版):JAMS65_CallforPapers 報告募集要項(Word版):JAMS65_CallforPapers 「会員発案の特別企画」募集要項(PDF版):JAMS65_SessionProposal 報告要旨見本(Word版:日本語): JAMS65_Form_J 報告要旨見本(Word版:英語): JAMS65_Form_E

Posted in 学会の活動, 学会大会 | Leave a comment

ニューズレター Vol.32, No.4 (November 2017) 掲載のお知らせ

ニューズレター最新号(Vol.32, No.4)を掲載いたします.ニューズレターは会員の方のみ閲覧可能です.パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています. ※ニューズレターは電子ファイルによる配信が原則となります.紙媒体での郵送につきましては,廃止の方向で現在検討中です.

Posted in ニューズレター, 学会の活動 | Leave a comment

第12回数理社会学会論文賞の論文推薦について

 2018年は論文賞の年に当たります。できるだけ広く優秀な候補論文を吟味するために、会員の皆様からもこれはと思われる候補論文を積極的にご推薦下さるようお願いいたします(論文賞選考委員会委員長 三隅一人)。                                                第12回数理社会学会論文賞推薦要項 1.推薦対象 (1) 数理社会学会会員が執筆し,機関誌『理論と方法』あるいは他の学術雑誌に掲載された原著論文。原著論文には特集論文、研究ノート、書評論文も含む。共著論文の場合は、著者全員が会員であることを必要とする。 (2) 上で会員とは、2017年12月31日現在において会員で、その後引き続き会員であるものをいう。 (3) 論文を掲載した雑誌が、2014年 1月1日~2017年12月31日の間に発行されたもの。 (4) 雑誌発行地は問わないが、日本語もしくは英語によって書かれたものとする。 2.推薦基準 (1) 数理社会学ならびに理論社会学、計量社会学における独創的な研究成果であり、当該分野の発展に資するもの。 (2) 推薦者は数理社会学会会員に限る。ただし、自薦・他薦を問わない。 (3) 一会員が推薦できる論文数は3点までとする。 3.審査方法・発表 (1) 会員および選考委員の推薦する候補論文のなかから、数理社会学会論文賞選考委員会が選考し決定する。 (2) 選考結果は学会ニューズレターにおいて発表し、2018年秋の学会大会において表彰する。 4.推薦方法・締切 (1) 推薦論文1点につき論文賞一般推薦書様式1枚を記載のうえ、電子メール添付ファイルないし郵便で下記6に送付する。なお電子

Posted in 学会の活動, 学会賞 | Leave a comment

第64回大会のプログラムの確定

第64回大会数理社会学会大会は、台風の影響により、9月18日の大会2日目が中止となりました。 理事会では、2日目の大会が中止となったものの、2日目に予定されていた報告について、以下のように対応させていただくこととなりました。 1.自由報告については、報告要旨が要旨集に掲載されているため、それをもって報告したものとみなす。 2.萌芽報告については、使用予定であったポスターのファイルを研究事務局に送付し、その確認をもって報告したものとみなす。 以上の対応にもとづき、第64回大会プログラムを次の通りに確定いたしました。 第64回大会プログラム(確定版) 研究活動委員会事務局

Posted in 学会の活動, 学会大会 | Leave a comment