Category Archives: 機関誌 『理論と方法』

数理社会学会の機関誌『理論と方法』の案内

『理論と方法』ウェブ公開について

数理社会学会の機関紙『理論と方法』のこれまでの全記事が,電子版として以下でウェブ公開されています(内容は冊子版と同一).一部の記事は公開から半年間,会員限定となっています.半年後以降,すべての記事が一般公開され,どなたでも閲覧し,PDF ファイルのダウンロードをできます. 科学技術情報発信・流通総合システム(J-STAGE) 『理論と方法』

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Leave a comment

「21世紀の社会学が解くべき問題」期日延長のお知らせ

数理社会学会機関誌『理論と方法』では,現在「21世紀の社会学が解くべき問題」を募集しています.期日は12/31ですが,1/15ごろまでは受け付けたいと思います.特段の理由がないかぎり『理論と方法』に掲載されますので,積極的なご応募をお待ちしています.   「21世紀の社会学が解くべき問題」Call for Papers

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Leave a comment

「21世紀の社会学が解くべき問題」募集

機関誌『理論と方法』で「21世紀の社会学が解くべき問題」を募集します. 下記をご覧の上,ふるってご応募ください. 「21 世紀の社会学が解くべき問題」Call for Papers

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Leave a comment

『理論と方法』電子ジャーナルの会員用アクセス情報について

『理論と方法』の電子ジャーナル版は、刊行後1年未満の号に限り、会員しか閲覧できません。 そのためのアクセス情報(購読者番号とパスワード)は、会員管理システムにログインすれば確認できます。

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Tagged | Leave a comment

『理論と方法』48号(Vol.25 No.2)が刊行されました

特集は「学校教育と社会的不平等に関する国際比較研究」です。 『理論と方法』の最新号やバックナンバーはJ-STAGEにて無償で閲覧できます >> 詳しくはこちら

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Tagged | Leave a comment