Monthly Archives: 2月 2019

「JGSS研究発表会2018」開催のお知らせ

日本版総合的社会調査共同研究拠点 大阪商業大学JGSS研究センターでは、2019 年2月18日(月)に「JGSS研究発表会2018」を開催いたします。 第一部では、『JGSS公募論文2018』の優秀論文の表彰および執筆者による報告を、 第二部では、JGSS調査データに基づく研究発表を行います。 多数の皆様のご来場を心よりお待ちしております(事前の参加申込は不要です)。 日時:2019年2月18日(月) 14:30~17:00 場所:大阪商業大学 本館6階研修室 ■第一部 JGSS公募論文2018 優秀賞論文発表 前川 尚澄(首都大学東京都市教養学部人文社会系4年生) 「愛国・排外意識に対するジェンダーの効果の検討―JGSS-2008の分析から―」 ■第二部 JGSS調査データに基づく研究発表 岩井 紀子(大阪商業大学 総合経営学部 教授) 「日本における伝統的価値観とグローバリゼーションに対する意識の変化―EASS 2008とEASS 2018の比較―」 竹本 圭佑 (大阪商業大学 JGSS研究センター 研究員) 「日本における文化的接触と社会的距離に対する意識の変化―EASS 2008とEASS 2018の比較―」

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

第67回大会プログラム(暫定版)の公開と参加登録のお願い

第67回大会プログラムの暫定版を公開します。 間違いや修正の必要な点などありましたら、速やかに研究活動委員会事務局(jams.research[at]gmail.com)までご連絡ください。 第67回大会の参加登録を受け付けます。締切を2月28日とさせていただきます。 報告者の方も参加登録が必要です。 こちらのフォームに必要事項を入力して送信してください。 研究活動委員会事務局

Posted in 学会大会 | Leave a comment

ワンステップアップ・セミナーのお知らせ

第67回数理社会学会大会の前日の3月6日に、立命館大学衣笠キャンパスにて、下記のテーマでワンステップアップ・セミナーを行います。どなたでも参加できます。 参加を希望される方は、このフォームに参加登録をお願いします。参加登録の締め切りは、2月28日です。 詳細については、こちらのチラシもご覧ください。   1. 題目:ベイズで広がるモデリングの世界 2. 講師:小杉考司(専修大学人間科学部) 3. 日時:2018年3月6日(水)15:00~17:00 4. 場所:立命館大学衣笠キャンパス洋洋館2階YY201 5. 内容: ベイズ統計学はデータサイエンス業界全般で近年とても盛り上がっている手法です。実社会での利用としては,データに基づく予測ができることが強みですが,複雑なモデルの近似的な解を簡単に得ることができる点は,モデルビルダーにとっても大変便利なツールであると言えます。 またこれまでの統計学で行われてきた帰無仮説検定の問題点,限界点を乗り越えられる要素も持っています。頻度主義統計学の考え方と大きく異なる点は,結果としての推定値が全て確率分布の形で得られることであり,この考え方さえ身につければ,その後は意外と単純であると実感できると思います。このセミナーでは,基本的な考え方と具体的な実践方法を解説します。 6. 留意事項:PCの持ち込みを推奨します。事前にRとRStudioおよびRパッケージのtidyverseとrstanをインストールしておいてください。

Posted in セミナー, 学会の活動 | Leave a comment

ニューズレター Vol.34, No.1 (February 2019) 掲載のお知らせ

ニューズレター最新号(Vol.34, No.1)を掲載します.第67回数理社会学会大会(立命館大学)関連の情報などが収録されています。 ニューズレターは会員の方のみ閲覧可能です.パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています. ※ニューズレターは電子ファイルによる配信が原則となります.紙媒体での郵送につきましては,廃止の方向で現在検討中です. ※過去のニューズレターはここから読むことができます。

Posted in ニューズレター, 学会大会 | Leave a comment