世界社会学会議トロント大会向けアブストラクト・ワークショップの開催について(8月31日まで申込締切延長・9月16日開催)

応募が定員に満たないため、申込締切を8月31日まで延長いたします。

国際発信強化特別委員会では、トロント大会での研究報告を促すために、アブストラクト執筆に関するワークショップを開催いたします。各セッションの趣旨に合致した内容であっても、報告申込が認められるかどうかは、アブストラクトの出来栄えいかんにかかっています。自分のアブストラクトを第三者の観点から見直す好機でもあります。トロント大会での研究報告を予定している方は、是非ご参加ください。

日時 9月16日(土)13時半から17時頃まで
会場 東京大学山上会館2階大会議室 http://www.u-tokyo.ac.jp/fac02/b07_11_j.html
事前申込締切 8月31日(厳守) 先着60名まで

※参加を希望する方は、8月31日までに英文アブストラクト【300 words以内、ソフトはWordを使用。申込予定のRCを明記】を提出してください。また、今回のワークショップではアブストラクトの提出なしでも参加できるということです。

申込先・アブストラクトの提出先 国際発信強化特別委員会の次の専用アドレスまでメイルで申込ください(ISAworkshop0916@gmail.com)。

内容:第1部 講師:長谷川公一 英文アブストラクトの構成の仕方・注意事項などについて、ISAのRC24の Program Coordinator、Session Organizer としてのselectionの経験をもとに講義します。約60分程度。

第2部 分野別にグルーピングし、講師役の社会学者(計10人程度、1人5・6本程度を担当)が各アブストラクトについて、Research Questions、Methodology、Findingsが明晰達意に述べられているか、社会学的なkey wordsが含まれているか、などに焦点をあてて、社会学の視点から内容・構成にコメントを行います。約90分程度を予定しています((約10分のコメント+質疑応答5分)×6本)。

第3部 まとめ。講師役の社会学者及び盛山会長から感想を述べていただきます。
注:応募セッションとの内容面での適合性については、今回のワークショップでは扱いません。
文責・国際発信強化特別委員会委員長・長谷川公一(k-hase@m.tohoku.ac.jp

This entry was posted in その他お知らせ. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ