Call for Abstracts (INAS 2020, Tokyo)

下記の要領で、第13回 International Network of Analytical Sociology (INAS) 年次大会での報告者を募集しております。
日本、そしてアジアで初めて開催されるINASの年次大会ですので、日本からの積極的な応募を期待しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

13th Annual INAS Conference 2020, Tokyo, Japan (INAS 2020 Tokyo)
May 30 and 31, 2020

Analytical sociology is a general approach to explaining the social world. The mode of explanation is to specify in clear and precise ways the mechanisms through which social phenomena are brought about. Parts of analytical sociology focus on action and interaction as the cogs and wheels of social processes, while others consider the dynamic social processes that these actions and interactions bring about.
The 13th INAS conference will be held at Gakushuin University in Tokyo. We welcome papers using any qualitative or quantitative methods that allow for the study of social mechanisms and the complex social dynamics they give rise to. In addition, we welcome purely theoretical papers dealing with central aspects of the explanatory approach of analytical sociology. The theme of the conference is “social mechanisms of diversity” in the broadest sense possible.

Abstract submission: Abstracts should be 300-400 words and must be submitted no later than March 31, 2020 via https://forms.gle/YYae2QC14UaEdJHr8.
Acceptance decision: April 10, 2020
Presentation format: 10-15 minutes oral presentation and 5 minutes discussion

Venue: Gakushuin University, Tokyo, Japan (https://www.univ.gakushuin.ac.jp/en/access.html)
Keynote speakers: Michael Hechter (Arizona State University), Mary C. Brinton (Harvard University)

Organizers: Jun Kobayashi (Seikei University), Yoshimichi Sato (Tohoku University), Naoki Sudo (Gakushuin University), Masayuki Kanai (Senshu University), Hiroki Takikawa (Tohoku University)

なお、詳細については、website (Conference website: https://www2.sal.tohoku.ac.jp/~inas2020/) にてご確認ください。

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

第69回大会時のワンステップアップ・セミナーのご案内

第69回大会前日に第19回ワンステップアップ・セミナーを,下記の要領で開催します.高橋和子会員を講師とし,「機械学習・自然言語処理入門」について紹介していただきます.ふるってご参加ください.

  1. 題目:機械学習・自然言語処理入門
  2. 講師:高橋和子(敬愛大学)
  3. 日時:2020年3月15日(日)15:00~17:00
  4. 場所:慶應義塾大学三田キャンパス第1校舎102教室

そのほか詳細は以下をご参照ください.

【20200225更新】大会の中止に伴いワンステップアップ・セミナーの中止を決定いたしました.

申し込みは,以下のURLより,ワンステップアップ・セミナーの参加登録をお願いします.参加登録の締め切りは,2020年3月8日(日)です.

研究活動委員会事務局

Posted in セミナー, 学会大会 | Leave a comment

第69回大会プログラム(暫定版)と大会案内の公開

第69回大会(2020年3月16~17日,慶應義塾大学)プログラムの暫定版を公開します。間違いや修正の必要な点などありましたら、速やかに研究活動委員会事務局(jams.research[at]gmail.com)までご連絡ください。

なお、大会1日目午前中のスケジュールに変更の可能性があることにご留意ください。今後調整の上、できるだけ早期に確定版のプログラムを公開します。

【 20200221更新 】新型コロナウィルスの感染拡大の影響で懇親会中止を決定いたしました.学会本体の開催可否については現在検討中です.

【 20200225更新 】学会大会ならびにワンステップアップ・セミナーの中止を決定いたしました.

  • 第69回大会案内
  • 第69回大会プログラム(暫定版)【公開取り消し】
  • 第69回大会自由報告報告概要
    【公開取り消し】
  • 第69回大会萌芽的セッション報告概要
    【公開取り消し】

また、第69回大会の参加登録を受け付けます。締切を3月8日(日)とさせていただきます。報告者の方も参加登録が必要です。こちらのフォームに必要事項を入力して送信してください。

研究活動委員会事務局

Posted in 学会大会 | Leave a comment

「日本における移民の社会統合を考える―2018年全国調査の結果から」シンポジウムのお知らせ

多文化社会における社会階層研究会(代表 永吉希久子)は、科学研究費補助研究「外国籍者の階層的地位に関する実証的研究」の成果報告として、「日本における移民の社会統合を考える―2018年全国調査の結果から」と題したシンポジウムを、下記の日時で開催いたします。

詳しい内容は添付の資料をご覧ください。
年度末のお忙しい時期かと存じますが、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

日時:2020年3月28日(土)13:00~17:00
場所:東京大学赤門総合研究棟 5階センター会議室

当日参加できますが、参加をご希望の方は、こちらhttps://forms.gle/PyK7dtCvwZBTW5gi6
から事前登録していただけますとありがたく存じます。

問い合わせ先:永吉希久子(東北大学、kikuko.nagayoshi.c3@tohoku.ac.jp

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「計量分析セミナー」のお知らせ

東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターより、
計量分析セミナーについてお知らせします。

以下のコース・日程で、「2019年度 計量分析セミナー・春」を開催します。
詳しい内容や申込については、
https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/seminar/quanti/2019spring/
をご覧ください。

2019年度 計量分析セミナー・春
開催期間: 2020年3月2日(月)~3月6日(金)

場所: 東京大学 赤門総合研究棟 5階 549会議室
http://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/guide/index.html)

コース・日程等:

二次分析入門!with STATA
2020年3月2日(月) 10:30~17:00
担当講師:三輪 哲、王 帥、仲 修平(東京大学)
実習あり/定員25名 一般5,000円,学生2,500円

クロス表を極める
2020年3月3日(火) 10:30~17:00
担当講師:三輪 哲(東京大学)
実習あり/定員25名 一般5,000円,学生2,500円

統計と表現の自由
2020年3月4日(水) 10:30~17:00
担当講師:佐々木 弾(東京大学)
実習なし/定員25名 一般5,000円,学生2,500円

回帰分析と傾向スコアを用いた因果推論
2020年3月5日(木) 10:30~17:00
* Rがインストールされたノートパソコンをご持参ください。インストールに問題がある場合には、当日、10:00までに会場にお越しください。
担当講師: 篠崎智大(東京理科大学)
実習あり/定員25名 一般5,000円,学生2,500円

社会科学のための機械学習入門:コンセプトからRによる実装まで
2020年3月6日(金) 10:30~17:00

RおよびRstudioがインストールされたノートパソコンをご持参ください。インストールに問題がある場合には、当日、10:00までに会場にお越しください。

担当講師: 川田 恵介(東京大学)
実習あり/定員25名 一般5,000円,学生2,500円

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「東大社研パネルシンポジウム2020」のお知らせ

日時:2020年2月28日(金)13:30~17:30(受付開始13:15)

場所:東京大学本郷キャンパス 国際学術総合研究棟 文学部三番大教室
地図:https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_07_j.html

東京大学社会科学研究所では、来る2020年2月28日(金)に「東大社研パネルシンポジウム2020」を開催いたします。 東京大学社会科学研究所が実施しているパネル調査のデータを用いた分析結果の報告と、 「パネルデータを使って現代日本社会の人生の歩みを追跡する」と題したシンポジウムを企画しております。どなたでもご参加いただけます(要事前登録ですが当日参加も可)。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

参加申し込み・詳細につきましては 次のサイトhttps://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/panel/sympo/2020/ をご覧下さい。

問い合わせ先 JLPS.sympo@gmail.com(担当:大久保)

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「調査票の翻訳に関する国際ワークショップ開催のお知らせ」

東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターでは、2020年1月23日(木)に、以下の内容で国際ワークショップを開催いたします。ご興味のある方は、奮ってご参加ください。

タイトル:「TRANSLATING QUESTIONNAIRES IN CROSS-CULTURAL SURVEYS」
概要: 本セミナーでは、国際比較調査における調査票の「翻訳」をどう行うべきかについて、ドイツのデータアーカイブ(GESIS)より専門家を招き、その考え方やアプローチ、具体的方法について検討します。社会調査における翻訳の問題は、近年方法論の面でも注目を集めており、チームで翻訳を行うことの重要さや、翻訳の質をどう担保するかといった点を含め、今後日本でも一層議論を深めていく必要があると考えられます。前半の講義の後、昼食休憩(各自)をはさみ、後半のワークショップでは実際に調査票の翻訳を行ったり、その質の 評価を行うエクササイズを予定しています。(前半、後半のみの参加も可能です。)

日時: 2020年1月23日(木)10時00分~11時30分(講演),13時00分~15時00分(ワークショップ)
会場: 東京大学 本郷キャンパス 赤門総合研究棟 5階センター会議室(549号室) 
言語: 英語(通訳なし)
講師: Brita Dorer (GESIS-Leibniz Institute for the Social Sciences, Germany)

※講義に関するポスターおよび詳細情報は以下のリンクをご覧ください。
https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/international/public-lectures/
※参加希望の方は、以下のリンクよりご登録をお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfyxGOxrkuMM_ij5aLDBCkcOQg1i9cFZOSY-xDHmX3RkfdMXw/viewform

本ワークショップに関する連絡先: 森 いづみ(東京大学)i-mori@iss.u-tokyo.ac.jp

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

第4回 社会データ構造化シンポジウム

情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設(DS施設)の社会データ構造化センターは公開シンポジウムを3月3日に開催いたします。
当センターの活動報告と共同研究の報告に加えて、国内外の個人データ保護法の強化にともなうデータ・ライフサイクルの
各場面において必要な法的対応をIT分野や個人情報保護法を専門とする弁護士に解説していただくチュートリアルセッションを開催いたします。
ご関心のある方の参加をお待ち申し上げております。

日時:2020年3月3日(土) 10:00~17:00(開場9:30)
会場:国立情報学研究所 12階1208・1210室
参加費無料・事前申込制
参加申込URL:https://forms.gle/gDNf5QKaTduXhHoj8
アクセス:https://www.nii.ac.jp/about/access/

シンポジウムの詳細に関してはDS施設のwebサイトをご覧ください。
https://ds.rois.ac.jp/center3/


Posted in その他お知らせ | Leave a comment

日本行動計量学会 第22回春の合宿セミナーのお知らせ

今年度で第22回目となる日本行動計量学会・春の合宿セミナーを下記の要領で開催します。

今回は昨年に続き合宿形式で開催します。講師の先生を中心に、テーマを絞った学習と深い議論が可能です。学会主催で参加費は非常に安価に設定しているため申込みが多数となることが予想されます。定員制、先着順ですのでどうぞ早めにご参加を検討ください。

研修所はきれいで清潔、宿泊は個室と環境も抜群です。富士の麓で温泉とおいしい食事を楽しみながら、次の飛躍を目指して3日間集中して学びましょう。

                                記

日時:2020年3月27日(金)~29日(日)
会場:東富士リサーチパーク内 TOTO 東富士研修所(JR御殿場駅より送迎バスで20分)
参加費:
    準会員(学生) 4,000円  学生非会員 10,000円
    正会員・賛助会員 14,000円 一般非会員 28,000円
    *今回、会員申込みをされますと、会員価格が適用されます
  (日本行動計量学会年会費 は正会員8,000円、準会員5,000円です。)
宿泊費:シングル1泊3食(夕食・朝食・昼食)8000円×2=16,000円
募集人数:各コース 先着50名予定
申込方法:下記のHPで2020年1月6日(月)10時から申込み開始
詳細:http://www.mayomi.org/bsj/spring22.html

 ———————————————
【Aコース】
テーマ:「人の行動を捉える!-現代時系列分析入門-」
講師:大阪電気通信大学情報通信工学部情報工学科教授 小森政嗣

【Bコース】
テーマ:「深層学習入門:機械学習の基礎から深層確率生成モデルまで」
講師: 産業技術総合研究所人工知能研究センター副研究センター長 麻生英樹

—————————————-
問合先:
日本行動計量学会 運営委員会
 第22春の行動計量学会 実行委員会
spring22@mayomi.org

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

一橋大学大学院社会学研究科 社会学担当教員の公募

1.公募開始日  2019年12月20日 
2.公募の名称  一橋大学大学院社会学研究科 社会学担当教員の公募  
3.公募の概要  
専門分野:社会学 
担当科目:「量的データ解析法Ⅱ」、「社会調査Ⅱ」に相当する科目、ならびに社会学部・社会学研究科における基幹的科目を担当可能なこと  
また、都市・地域、家族、ジェンダー、宗教、国際移動、エスニシティ/民族の分野のいずれか一つ以上の領域を対象とする社会学の専門科目を担当可能なこと
演習(大学院・学部)
博士論文・修士論文・学士論文指導  
その他、各種委員の業務
着任時期:2020年4月 または2020年9月(時期については相談可)

4.職位  准教授 または 講師(任期付・テニュアトラック)
5.勤務形態  常勤
6.任期  准教授の場合、任期の定めはない。
講師(任期付・テニュアトラック)の場合、当初任期は5年間。再任審査に基づき、2年間に限って講師としての再任が可能。当初任期中あるいは再任任期中に通常任用(テニュア)審査請求を1回限り行うことが認められ、審査に合格した場合には、任期の定めのない(通常任用の)准教授に昇任する。

7.募集人数  1名
8.研究分野  大分類:社会科学 小分類:社会学
9.応募資格  博士号(Ph.D.)取得者 または 着任時までに取得見込みのもの
英文による国際的な研究業績があること および 計量的手法を用いた研究業績があること
英語で専門科目を担当できることが望ましい

10.募集期限  2020年2月10日
11.応募書類
応募者は下記のウェブページにアクセスし、応募フォームに必要事項を記入してダウンロード・プリントアウトしたうえで、以下の応募書類一式を書類提出先に送付してください。
(1) 応募者の署名入り・写真を添付した完全な応募フォーム(下記の「応募方法」の指示に従ってください。なお、応募フォームの研究業績の欄には「別紙の通り」とのみ記入し、研究業績一覧は以下のとおり、別紙にて作成してください。主要業績5点以内については、応募フォームにも記入欄があります。)
(2) 研究業績一覧(著書・論文・学会発表・その他に区分し、著者名・発表年・タイトル・掲載誌名・巻・号・ページ・査読の有無等を明記してください。同封した主要研究業績5点以内に○印をつけてください。これまで従事した調査・研究プロジェクト、取得フェローシップ、競争的研究資金獲得歴などがあれば、その研究テーマも含めて記入してください。)
(3) 博士(Ph.D.)学位記のコピー、または博士学位証明書(学位取得見込みの場合は博士課程の修了証明書、あるいは在籍証明書)
(4) 主要研究業績5点以内を各1部(コピーでも可)
(5) 主要研究業績5点以内の要約を各1部(それぞれ日本語で1000字以内)
(6) 着任後の研究計画(2000字程度)
(7) 自らの研究分野を対象とした社会学の専門科目に関する講義(105分×13回)のシラバス案
(8) 照会可能者2名の氏名、連絡先

12.応募方法
①下記URLにアクセスしてください(2019年12月20日より入力可能)。
公募ウェブページURL:http://www.soc.hit-u.ac.jp/jobs/
②指示に従い、フォームを完成させてください。
③完成したフォームを印刷し、写真を添付し、署名してください。
④全ての書類を下記住所まで送付してください。
2020年2月10日(月)17時必着で、配達確認可能な手段(レターパック・書留・宅配便など)にてお送りください。表に「社会学教員応募書類在中」と朱記してください。なお、応募書類は返却しません。

〒186-8601 
東京都国立市中 2-1 一橋大学大学院社会学研究科 研究科長 稲葉哲郎

13.選考方法 一次審査(書類審査)のうえ、二次審査(面接・模擬講義)を行います。
書類選考合格者には、追って正式な面接日時等をお知らせします。
なお、面接のための旅費等は自己負担となりますので、あらかじめご了承ください。採否の結果は、応募者すべてに通知いたします。

14.連絡先住所
〒186-8601 東京都国立市中 2-1 一橋大学大学院社会学研究科事務室
15.E-mail  jimu.kobo@soc.hit-u.ac.jp
(電話・FAXでの問い合わせには応じられません)

Posted in その他お知らせ | Leave a comment