第64回大会報告トラベルグラントの募集について

若手会員の学会活動を資金的に支援するために、第64回大会(札幌学院大学第1キャンパス)へのトラベルグラントを実施します。下記を参照のうえ、ふるってご応募ください。

JAMS64大会報告トラベルグラントの募集について(PDF):JAMS64_Travelgrant

Posted in 未分類 | Leave a comment

第64回大会(2017年9月17~18日)Call for Papers

数理社会学会大会は、2017年9月17日(日)から18日(月)の2日間にわたり、札幌学院大学第1キャンパスにて開催されます。下記、CFP等をご覧の上、ふるってお申し込みください。

報告申し込み期間は、2017年6月16日(金)~6月30日(金)(必着)です。

「会員発案の特別企画」の申込期間は、2017年6月1日(木)~6月8日(木)です。

報告募集要項(PDF版): JAMS64_CallforPapers

報告募集要項(Word版): JAMS64_CallforPapers

「会員発案の特別企画」募集要項(PDF版): JAMS64_SessionProposal

報告要旨見本(Word版:日本語): JAMS64_Form_J

報告要旨見本(Word版:英語): JAMS64_Form_E

Posted in 学会大会 | Leave a comment

「特集 社会学における多変量解析の応用」への論文募集のお知らせ

日本分類学会誌『データ分析の理論と応用』の第7巻第1号では、「特集 社会学における多変量解析の応用」として投稿論文を募集します。会員・非会員をとわず投稿できますので、ふるって研究成果をお寄せ下さい。詳しくは学会のWeb site をご覧下さるようお願いします。

http://bunrui.jp/pdf/CallforPaperMVA201705.pdf


『データ分析の理論と応用』のページのURL
http://bunrui.jp/journal.html

特集「社会学における多変量解析の応用」
投稿期限: 2017年7月末日
発行: 2018年4月(予定)
特集号の投稿・問い合わせ先: bda-socsubmit@bunrui.jp

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

ニューズレター Vol.32, No.2 (May 2017)配信

ニューズレター最新号(Vol.32, No.2)を掲載いたします.ニューズレターは会員の方のみ閲覧可能です.パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています.

ニューズレター Vol.32, No.2 (May 2017)

※ニューズレターは電子ファイルによる配信が原則となります.従来どおり紙での郵送を希望される会員には,紙媒体でも郵送いたします.紙媒体での郵送を希望される方は,会員管理システムにて,ご自身で設定の変更をお願いします.設定の変更はいつでも行えます.ただし,学会事務局でのニューズレター制作スケジュールの都合上,郵送の有無の設定変更がすぐに反映されるとは限りませんのでご了承ください.

Posted in ニューズレター | Leave a comment

日本行動計量学会第45回大会の開催についてのお知らせ

日本行動計量学会第45回大会を静岡県立大学草薙キャンパスにて開催いたします.

一般セッション,特別セッションに加えて,昨年度の大会と同様に「特別講演:柳井レクチャー」,「ポスターセッション」,「ラウンドテーブルディスカッション」等の開催を予定しています.

また,来年は本学会の初代理事長の林知己夫先生の生誕100周年にあたることから,林知己夫先生に関係したセッションの開催を予定しています.

以下は大会の概要です.より詳しくは大会ウェブサイトでご確認の上,ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます.

非会員の方でも,当日,大会受付にて入会申込をしていただきますと,入会手続き中として,会員扱いで参加が可能です.ぜひともご検討ください.

もちろん,非会員の方のご参加も歓迎いたします.

準会員(学生会員)は懇親会の料金が非常にお安くなっておりますので,大会参加予定の大学院生のみなさんはどうぞご検討ください.



(1)大会開催要項

日時:2017年8月29日(火)~9月1日(金)

場所:静岡県立大学草薙キャンパス(静岡県静岡市駿河区谷田52-1)(2017年4月より谷田キャンパスから名称変更)

アクセス:http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/guide/access/


○大会日程:

1/23(月) Web公開

3/ 1(水) 特別セッションの企画募集開始

4/ 3(月) 大会参加事前申込,一般発表申込,抄録原稿受付,チュートリアルセミナー参加申込,各種開始

4/27(木) 特別セッション企画募集締め切り

6/ 1(木) 一般研究発表申込締め切り

6/19(月) 抄録原稿提出締め切り

6/30(金) 速報版プログラムのウェブ公開予定

7/28(金) プログラム冊子送付予定

8/ 4(金) 事前参加申込締め切り

8/ 8(火) 事前参加費振込み締め切り

8/29(火)~ 9/ 1(金) 第45回大会(29日はチュートリアルセミナー)

※ 諸事情により変更があるかもしれません


(2)チュートリアルセミナーに関する情報

2017年8月29日(火)13:30~16:30 (両コース共通)

テーマA

テーマ:行動意思決定論と過程追跡技法


講師:竹村 和久 先生(早稲田大学)

概要:本セミナーでは,行動意思決定理論に関係するさまざまな理論やモデルを紹介して,眼球運動測定,言語プロトコル法,情報モニタリング法,画像解析法などの具体的な過程追跡技法について紹介して,研究例を示す。

テーマB

テーマ:ソーシャルネットワーク上での情報拡散モデルと推定技法


講師:斉藤 和巳 先生(静岡県立大学)

概要:本セミナーでは,ユーザ行動の結果として起こるソーシャルネットワーク上での情報拡散に関する代表的な理論やモデルとともに,大規模ネットワークにおいて情報拡散の度合いを効率よく高い精度で予測推定する各種の技法について紹介する。

*両テーマとも事前に必要となるような知識や準備はありません。両テーマとも定員などは設けていません。

ただし,教室のキャパシティ(約100人)を超えた場合はその限りではありません。


(3)お問い合わせ先

参加登録,抄録提出など,ウェブでの手続き関係:

 大会ヘルプデスク bsj-desk@bunken.co.jp

大会全般の問い合わせ:

 第45回大会実行委員会 bsj2017@u-shizuoka-ken.ac.jp



2017年4月21日

第45回大会実行委員会副委員長

上野 雄史(静岡県立大学)

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

国際社会学会RC45 第2回国際ワークショップ「社会的不平等」開催についてのお知らせ

 この度,国際社会学会RC45とSSPプロジェクトの共催で,オランダにて「社会
的不平等」をテーマに下記ワークショップが開催されることとなりました.どな
たでも応募できます.皆様からの積極的なご応募をお待ちしています.詳細は,
PDF版Call for Abstracts,ウェブサイトをご覧ください.また,周囲の方がた
にご周知いただけますと幸いです.

====
 Call for Abstracts
 国際社会学会RC45 第2回国際ワークショップ「社会的不平等」

日程:2017年9月1日
場所:オランダ・ユトレヒト
主催:国際社会学会RC45(合理的選択),SSPプロジェクト

基調講演:Guillermina Jasso(ニューヨーク大学,RC45理事),吉川徹(大阪
  大学,SSPプロジェクト代表)
招待討論者:Antonio M. Chiesi(ミラノ大学,RC45部会長),Gianluca Manzo
  (パリ大学,『分析社会学』編者)
オーガナイザ:小林盾(成蹊大学,RC45理事),金井雅之(専修大学,RC45理
  事),カローラ・ホメリヒ(北海道大学,SSPプロジェクト幹事),Vincent
  Buskens(ユトレヒト大学,ローカル・オーガナイザ)
ウェブサイト:
http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thh0808/utrecht/

応募期日:6月15日
応募方法:要約を小林盾と金井雅之にメール送付

Posted in 未分類 | Leave a comment

公開シンポジウム「社会調査をめぐる諸問題とその解決策」ご案内

公開シンポジウム
社会調査をめぐる諸問題とその解決策

民主社会にとって不可欠な社会調査は現在さまざまな問題を抱えている。これ
らの問題を的確に理解し、解決しなければ、社会調査はその期待される役割を
果たすことができない。本シンポジウムでは社会調査の最前線で活動する専門
家が社会調査をめぐる諸問題を検討し、その解決策を提示する。

日時  2017年5月20日(土) 午後2時30分-午後5時
会場  嘉ノ雅 茗渓館 4階 筑波・新泉の間
(〒112-0012 東京都文京区大塚1-5-23)

登壇者
 岩井紀子(日本学術会議連携会員、大阪商業大学総合経営学部教授)
 大谷信介(日本学術会議連携会員、関西学院大学社会学部教授)
 石井クンツ昌子(日本学術会議連携会員、お茶の水女子大学基幹研究院人間
科学系教授)
 稲葉昭英(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学文学部教授)
 盛山和夫(日本学術会議連携会員、日本学術振興会学術システム研究センター
副所長)

企画 佐藤嘉倫(日本学術会議連携会員、東北大学大学院文学研究科副研究科
長)

共催
 日本学術会議社会学委員会社会統計調査アーカイヴ分科会
一般社団法人社会調査協会

問い合わせ先
 一般社団法人 社会調査協会事務局 メールアドレス:info@jasr.or.jp
        Tel.03-3273-9784 fax.03-5684-0374
        URL: http://jasr.or.jp/

参加費は無料です。どなたでもご参加いただけます。参加を希望される方は、
専用受付メールアドレス(info@jasr.or.jp)宛、5月17日(水)までにメール
にてお名前とご所属をご連絡ください。なお会場の受け入れ人数の都合により、
申し込み多数の場合は先着順で締め切らせていただく場合がございますのでご
了承ください。

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「ベビーシッター導入に関する調査」報告書

2016年12月に実施した「数理社会学会大会におけるベビーシッター導入に関する調査」の会員向け調査報告書を公開いたします.この報告書は会員の方のみ閲覧可能です.閲覧用パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています.

ベビーシッターに関する調査報告書(pdfファイル)

Posted in 学会大会 | Leave a comment

『理論と方法』ウェブ公開について

数理社会学会の機関紙『理論と方法』のこれまでの全記事が,電子版として以下でウェブ公開されています(内容は冊子版と同一).一部の記事は公開から半年間,会員限定となっています.半年後以降,すべての記事が一般公開され,どなたでも閲覧し,PDF ファイルのダウンロードをできます.

科学技術情報発信・流通総合システム(J-STAGE) 『理論と方法

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Leave a comment

第63回大会報告要旨集

2017年3月14日(火)・15日(水)の2日間にわたり関西大学千里山キャンパスで開催される第63回大会の報告要旨集を先行公開します。

第63回数理社会学会大会報告要旨集ウェブ版(pdfファイル)

  1. 自由報告要旨(1日目)
  2. 自由報告要旨(2日目)
  3. 萌芽報告要旨

なお、以下の点にご注意ください。

(1)著作権保護のため、各ファイルは閲覧のみ可の設定になっております(編集および印刷は不可)。

(2)迷惑メール防止のため、ウェブ版要旨集には報告者の連絡先(メールアドレス)を掲載しておりません。大会で配布される冊子体の要旨集には、報告者の連絡先が掲載されます。

(3)第63回大会終了後は、ウェブ版要旨の公開を停止します。

※第63回大会終了にともない、要旨集の公開を停止しました(2017.03.15)。

 

Posted in 学会大会 | Leave a comment