公開シンポジウム「社会調査をめぐる諸問題とその解決策」ご案内

公開シンポジウム
社会調査をめぐる諸問題とその解決策

民主社会にとって不可欠な社会調査は現在さまざまな問題を抱えている。これ
らの問題を的確に理解し、解決しなければ、社会調査はその期待される役割を
果たすことができない。本シンポジウムでは社会調査の最前線で活動する専門
家が社会調査をめぐる諸問題を検討し、その解決策を提示する。

日時  2017年5月20日(土) 午後2時30分-午後5時
会場  嘉ノ雅 茗渓館 4階 筑波・新泉の間
(〒112-0012 東京都文京区大塚1-5-23)

登壇者
 岩井紀子(日本学術会議連携会員、大阪商業大学総合経営学部教授)
 大谷信介(日本学術会議連携会員、関西学院大学社会学部教授)
 石井クンツ昌子(日本学術会議連携会員、お茶の水女子大学基幹研究院人間
科学系教授)
 稲葉昭英(日本学術会議連携会員、慶應義塾大学文学部教授)
 盛山和夫(日本学術会議連携会員、日本学術振興会学術システム研究センター
副所長)

企画 佐藤嘉倫(日本学術会議連携会員、東北大学大学院文学研究科副研究科
長)

共催
 日本学術会議社会学委員会社会統計調査アーカイヴ分科会
一般社団法人社会調査協会

問い合わせ先
 一般社団法人 社会調査協会事務局 メールアドレス:info@jasr.or.jp
        Tel.03-3273-9784 fax.03-5684-0374
        URL: http://jasr.or.jp/

参加費は無料です。どなたでもご参加いただけます。参加を希望される方は、
専用受付メールアドレス(info@jasr.or.jp)宛、5月17日(水)までにメール
にてお名前とご所属をご連絡ください。なお会場の受け入れ人数の都合により、
申し込み多数の場合は先着順で締め切らせていただく場合がございますのでご
了承ください。

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「ベビーシッター導入に関する調査」報告書

2016年12月に実施した「数理社会学会大会におけるベビーシッター導入に関する調査」の会員向け調査報告書を公開いたします.この報告書は会員の方のみ閲覧可能です.閲覧用パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています.

ベビーシッターに関する調査報告書(pdfファイル)

Posted in 学会大会 | Leave a comment

『理論と方法』ウェブ公開について

数理社会学会の機関紙『理論と方法』のこれまでの全記事が,電子版として以下でウェブ公開されています(内容は冊子版と同一).一部の記事は公開から半年間,会員限定となっています.半年後以降,すべての記事が一般公開され,どなたでも閲覧し,PDF ファイルのダウンロードをできます.

科学技術情報発信・流通総合システム(J-STAGE) 『理論と方法

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Leave a comment

第63回大会報告要旨集

2017年3月14日(火)・15日(水)の2日間にわたり関西大学千里山キャンパスで開催される第63回大会の報告要旨集を先行公開します。

第63回数理社会学会大会報告要旨集ウェブ版(pdfファイル)

  1. 自由報告要旨(1日目)
  2. 自由報告要旨(2日目)
  3. 萌芽報告要旨

なお、以下の点にご注意ください。

(1)著作権保護のため、各ファイルは閲覧のみ可の設定になっております(編集および印刷は不可)。

(2)迷惑メール防止のため、ウェブ版要旨集には報告者の連絡先(メールアドレス)を掲載しておりません。大会で配布される冊子体の要旨集には、報告者の連絡先が掲載されます。

(3)第63回大会終了後は、ウェブ版要旨の公開を停止します。

※第63回大会終了にともない、要旨集の公開を停止しました(2017.03.15)。

 

Posted in 学会大会 | Leave a comment

ニューズレター Vol.32, No.1 (February 2017)+ 第63回大会会場案内

ニューズレター最新号(Vol.32, No.1)および第63回数理社会学会大会(関西大学千里山キャンパス)の会場案内を掲載いたします.ニューズレターは会員の方のみ閲覧可能です.パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています.

ニューズレター Vol.32, No.1 (February 2017)

第63回数理社会学会大会会場案内図

※ニューズレターは電子ファイルによる配信が原則となります.従来どおり紙での郵送を希望される会員には,紙媒体でも郵送いたします.紙媒体での郵送を希望される方は,会員管理システムにて,ご自身で設定の変更をお願いします.設定の変更はいつでも行えます.ただし,学会事務局でのニューズレター制作スケジュールの都合上,郵送の有無の設定変更がすぐに反映されるとは限りませんのでご了承ください.

Posted in ニューズレター, 学会大会 | Leave a comment

第63回大会プログラム

第63回大会は、2017年3月14日(火)・15日(水)の2日間にわたり関西大学千里山キャンパスで開催されます。大会プログラムを掲載いたしますのでご確認ください。

第63回数理社会学会大会プログラム(pdfファイル)

※プログラムを大会後確定版に差し替えました(2017.03.16)

※報告者氏名や報告タイトル等に間違いなどありましたら、すみやかに研究理事(神林博史)jams.research[at]gmail.comまでご連絡ください。

 

Posted in 学会大会 | Leave a comment

第63回 大会ワンステップアップセミナーのお知らせ

第63回大会前日の3月13日(月)午後に、ワンステップアップセミナーを開催します。 JAMS63ワンステップセミナーのご案内(pdfファイル)を参照のうえ、お申し込みください。数理社会学会の会員ではない方も参加できます。

  1. 題目:分析社会学入門:理論研究と実証研究の架橋
  2. 講師:大林真也(東京大学大学院経済学研究科・日本学術振興会特別研究員PD)
  3. 日時:2017年3月13日(月)15:30~17:30
  4. 会場:関西大学千里山キャンパス第3学舎A401(B)
  5. 申込締切:2017年3月6日(月)まで
Posted in セミナー | Leave a comment

日本行動計量学会第19回春の合宿セミナー

http://www.bsj.gr.jp/event/spring_semi.html#19th

日本行動計量学会が毎年開催している日本行動計量学会春の合宿セミナーが開催されます。詳細は下記リンクを御覧ください。

行動計量学会春の合宿セミナー

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「21世紀の社会学が解くべき問題」期日延長のお知らせ

数理社会学会機関誌『理論と方法』では,現在「21世紀の社会学が解くべき問題」を募集しています.期日は12/31ですが,1/15ごろまでは受け付けたいと思います.特段の理由がないかぎり『理論と方法』に掲載されますので,積極的なご応募をお待ちしています.
 
「21世紀の社会学が解くべき問題」Call for Papers

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Leave a comment

「21世紀の社会学が解くべき問題」募集

機関誌『理論と方法』で「21世紀の社会学が解くべき問題」を募集します.
下記をご覧の上,ふるってご応募ください.

「21 世紀の社会学が解くべき問題」Call for Papers

Posted in 機関誌 『理論と方法』 | Leave a comment