日本行動計量学会国際シンポジウム「行動計量学のためのベイズ流アプローチ」のお知らせ

日本行動計量学会は、電気通信大学との共同開催にて、国際シンポジウム「行動計量学のためのベイズ流アプローチ」を下記の要領で開催いたします。このシンポジウムのために、因果分析のパイオニアであるDonald B. Rubin博士(Harvard大学名誉教授)および、テスト理論に関する権威者Wim J. van der Linden博士(Twente大学名誉教授)が来日されます。また、日本からは、因果分析などについて国際的に評価される業績の多い星野崇宏教授(慶應義塾大学)の講演もあります。これら3つの講演は、ベイズ統計学という共通のアプローチを用いています。

シンポジウム 行動計量学のためのベイズ流アプローチ

主催 日本行動計量学会 共催 電気通信大学
日時 平成30年12月1日(土曜日)10:30-16:20
場所 電気通信大学 西10号館 2F 大会議室(233号室)
参加費 無料

プログラム
司会 繁桝算男(慶應義塾大学)
1. 10:20-10:30
主催者挨拶・講演者紹介
2. 10:30-12:00
Donald B. Rubin “Rubin Causal Model and its recent Bayesian Implementations”
3. 13:00-14:30
Wim J. van der Linden “Bayesian Approaches to Real-Time Testing”
4. 14:50-16:20
Takahiro Hoshino “Bayesian inference of heterogeneous causal effects”

事前に参加者数を把握したいため、参加希望者は必ず https://goo.gl/forms/8qaEDufSIZa9OOpK2 にて、参加申し込みを行った上、当日、直 Continue reading

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

第67回大会(2019年3月7日から8日)Call for papers

第67回数理社会学会大会は、2019年3月7日(木)から8日(金)の2日間にわたり、立命館大学衣笠キャンパスにて開催されます。下記、報告募集要項(CFP)をご覧の上、ふるってお申し込みください。 報告申し込み期間は、2019年1月8日(火)~1月22日(火)(必着)です。 「会員発案の特別企画」の申込期間は、2018年12月14日(金)~12月21日(金)(必着)です。 自由報告もしくは萌芽報告を申し込まれる際は、以下のリンクより、必要事項を記入し送信してください。 以下のフォームには、トラベルグラントとベビーシッターの申し込みを記入する欄もありますので、それらを申請される方は、そちらにもご記入ください。
報告されない方で、ベビーシッターを申し込まれる方は、以下のメールアドレス宛に、1月22日(火)までにご連絡ください。
jams.research[at]gmail.com ([at]は@に変更)
報告申し込み(自由報告・萌芽報告共通とトラベルグラント申請)
報告募集要項(PDF版):JAMS67_CallforPapers
「会員発案の特別企画」募集要項(PDF版):JAMS67_SessionProposal
自由報告の要旨見本(Word版:日本語): JAMS67_Form_J
自由報告の要旨見本(Word版:英語):JAMS67_Form_E
トラベルグラントの募集:Call for application

Posted in 学会の活動, 学会大会 | Leave a comment

ニューズレター Vol.33, No.4 (October 2018) 掲載のお知らせ

ニューズレター最新号(Vol.33, No.4)を掲載いたします.ニューズレターは会員の方のみ閲覧可能です.パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています.
※ニューズレターは電子ファイルによる配信が原則となります.紙媒体での郵送につきましては,廃止の方向で現在検討中です.

Posted in ニューズレター, 学会の活動 | Leave a comment

武蔵学園データサイエンス研究所設立記念講演会開催のお知らせ

武蔵大学、武蔵高等学校、武蔵中学校を設置する学校法人根津育英会武蔵学園では、データサイエンスの重要性や高等教育での必要性を認識し、2017年に武蔵学園データサイエンス研究所を設立しました。
今回は、本研究所の設立趣旨である「社会科学分野におけるデータサイエンスの展開」をテーマに掲げ、アドバイザリーボードによる基調講演及びパネルディスカッションを行います。
日頃、データサイエンス研究・教育に携わる方、またご関心のある方におかれましては是非ご参加ください。
https://www.musashigakuen.jp/news/20181003-01.html

■テーマ:
「データサイエンスの展開 ~社会科学分野への提言~」

■日 時:
2018年11月24日(土)15:00~(受付14:00~)

■会 場:
武蔵大学 1001教室(1号館 地下1階)
キャンパスマップ:https://www.musashi.ac.jp/annai/campus/ekoda.html

■プログラム:
・15:00~15:10 開会挨拶: 有馬 朗人(武蔵学園データサイエンス研究所 所長、武蔵
学園 学園長)、山㟢 哲哉(武蔵大学 学長)
・15:10~16:10 基調講演: 岩崎 学(応用統計学会 会長、 日本統計学会 前会長、横
浜市立大学データサイエンス学部 学部長)
Continue reading

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

大阪商業大学JGSS研究センター「EASS Conference 2018」開催のお知らせ

日本版総合的社会調査共同研究拠点 大阪商業大学JGSS研究センターでは、下記の通り、2018年10月27日(土)に「EASS Conference 2018」を開催いたします。

JGSSが2003年から、台湾(Taiwan Social Change Survey:TSCS)、韓国(Korean General Social Survey:KGSS)、中国(Chinese General Social Survey: CGSS)と共同で実施してきたEasat Asian Social Survey (東アジア社会調査)のデータあるいは各チームのデータに基づく研究発表です。

EASSデータの状況は下記のとおりです。
EASS 2006: Family module (EASSDAとICPSR寄託済)
EASS 2008: Culture and Globalization Module (寄託済)
EASS 2010: Health Module (寄託済)
EASS 2012: Social Network and Social Capital Module (寄託済)
EASS 2014/2015: Work Life Module (統合データクリーニング中;KGSSを除く3チーム)
EASS 2016: Family Module (統合データクリーニング中)
EASS 2018: Culture and Globalization module (調査実施中)

なお、JGSS研究センターは、この度、独立行政法人日本学術振興会の「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業 人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築プログラム」における「拠点機関におけるデータ共有基盤の構築・強化委託業務」に採択され、データの整備、海外発信・連携機能の強化、データ間時系列など接続関係の整 Continue reading

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

日本行動計量学会 秋の行動計量セミナーのお知らせ

日本行動計量学会 秋の行動計量セミナー
講師 鈴木讓 (大阪大学)
対象: 大学院生、データサイエンティスト、研究者 

内容: スパース推定に関する書籍やセミナーは、最近多くなっている。しかしながら、実際には、使い方だけを学ぶもの、座学だけで終わるものが多い。本セミナーでは、簡単な数式を導出する、実データをRプログラムで実行するというように、手を動かすことをうながしていく。事前に配布される予習用のビデオを見、さらに当日の演習問題を解くことによって、理解力が深めていただければと思っている。

会場: 電気通信大学 西10号館 2階 大会議室
日時: 11/4(日)
定員: 90名

費用:
会員学生 3,000円
会員   6,000円
非会員学生 6,000円
非会員一般 12,000円
(セミナー当日に入会申込書をご持参の方は、会員価格で受講できます)

スケジュール:  9:30-17:00 (休憩12:40-13:40)
9:00 開演
9:30-11:00 線形回帰 Continue reading

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

移動レジーム研究会 公開シンポジウムのお知らせ

このたび、移動レジーム研究会では、日本学術振興会科学研究費補助金の助成を得て、台湾と韓国より研究者をお招きし、近年の東アジアにおける格差・不平等の国際比較をテーマとするシンポジウムを開催します。多くの国や地域で、格差・不平等問題への関心はますます高まり、近年の重要な政治的争点となっています。異なる政策や構造をもつ国や地域を比較することで、マクロな制度と格差・不平等との関係の一端を明らかにすることができます。今回のシンポジウムでは、台湾、韓国、日本という地理的にも近接した東アジアの諸国を取り上げます。産業化と経済発展という点で共通の基盤を持ちつつも、一面では異なる変化を遂げてきたこれらの国々を見ていくことで、私たちが、格差・不平等問題について考えるためのヒントを探ります。

テーマ:近年の東アジアにおける格差・不平等の国際比較
日時:2018年11月17日(土)13時30分から17時30分
場所:慶應義塾大学三田キャンパス東館6階G-lab
使用言語:英語
参加申し込み:11/8までに以下のURLにアクセスし、必要事項を入力して参加登録をお願いします。定員に達し次第締め切ります。

URL: https://goo.gl/forms/myhsA8UgoTJzSNxt1

Program

13:30 – 13:40  Introduction
13:40 – 15:10  Session 1: Mobility and inequality in East Asia and beyond
Continue reading

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

公益財団法人たばこ総合研究センター(TASC) 2019年度助成研究募集のご案内

関係各位

時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より公益財団法人たばこ総合研究センター(TASC)の事業に対しまして、ご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて当センターでは、たばこを始めとする嗜好品に関する人文・社会科学分野の研究を促進し、学術の振興に寄与することを目的として、研究助成を行っております。この度「2019年度分助成研究」の募集を開始いたしました。
下記の通り募集をしておりますので、ご応募頂ければ幸甚に存じます。
皆様のご応募をお待ち申し上げております。

■件名:2019年度TASC助成研究
■募集期間:2018年10月1日(月)~2018年12月3日(月・当日消印有効)
■募集要項、申請書の入手方法
当センターのホームページからダウンロードいただけます。
申請の詳細については、ホームページの「研究助成」のコーナーに掲載してありますのでご覧ください。

ご不明な点等ございましたら、公益財団法人たばこ総合研究センター(TASC)
研究助成担当までお問い合わせください。
以上、よろしくお願い申し上げます。
Posted in その他お知らせ | Leave a comment

日本経済研究センター研究奨励金 2018年度募集のお知らせ

日本経済研究センターでは、経済学・社会学分野の理論的・実証的研究に対し、毎年総額約1000万円の奨励金を交付する事業を行っています。2018年度は以下の要領で申請を受け付けます。

◆対 象 a.経済およびそれに関連する分野(特に社会学)の研究。現在の重要な経済問題や政策に関する研究は優先的に選考・採択します。
b.12年で一応の成果が期待できるもの。個人研究、共同研究を問いません。
c.他の奨励金をすでに受けているものも選考の対象になります。

◆奨励金額   1件あたり100万円を上限とします。

◆申請書の受付期間    201891日~1031

◆発表・奨励金の交付   20192月の日本経済新聞紙上に掲載予定、3月末までに交付します。

◆審査会委員       浅子和美(一橋大学名誉教授、委員長)、駒村康平(慶応義塾大学教授)、白波瀬佐和子(東京大学教授)、堂目卓生(大阪大学教授)、成生達彦(同志社特別客員大学教授)、西村清彦(政策研究院大学特別教授)、福田慎一(東京大学教授)、町村敬志(一橋大学教授)、山田昌弘(中央大学教授)

詳細はhttp://www.jcer.or.jp/incentive/index.htmlご覧下さい

【お問い合わせ先】
公益社団法人 日本経済研究センター研究奨励金担当
100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7 日本経済新聞社東京本社ビル11
話:03-6256-7710 F A X03-6256-7924
E-mailjcer_incentive@jcer.or.jp

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

JAMS66プログラムの最新版

JAMS66のプログラムの最新版をアップロードします。
このリンクより、ダウンロードをお願いします。
学会大会が終了したため、リンクを削除しました。

Posted in 学会の活動, 学会大会 | Leave a comment