教員公募情報(京都産業大学現代社会学部現代社会学科)

金光 淳(京都産業大学)会員より教員公募のお知らせです。

詳しくは、京都産業大学 現代社会学部教授 金光 淳まで直接ご相談下さい。
E-mail:kanamitsu@cc.kyoto-su.ac.jp

 教員公募の詳細についてはこちらをご参照下さい。

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「JGSS公募論文2019」のご案内

このたび、大阪商業大学JGSS研究センター(日本版総合的社会調査共同研究拠点)では、個票データ利用の推進および研究成果の発表を目的に、JGSS個票データの分析に基づく論文を募集いたします。 課題は特に指定しませんが、論文は未発表のものに限ります。 受付期間は2019年12月9日(月)17:00までです。 優秀な論文については、2020年1月11-12日に開催予定の「JGSS国際シンポジウム2020」において表彰式を行い、執筆者に報告していただきます(会場までの国内旅費を支給)。 優秀論文は、JGSS研究論文集に掲載し、JGSSのホームページから発信します(2020年5月末予定)。これまでのJGSS研究論文集は下記をご参照ください。 http://jgss.daishodai.ac.jp/research/res_monographs.html JGSSのデータは、JGSS-2012まではSSJDAとICPSRとGESISから公開しています。 JGSS-2009LCSとJGSS-2013LCSwave2については、JGSS研究センターから直接、データの公開・配布を行っています。 JGSS-2015を使用した論文も募集いたします。JGSS-2015データは、「JGSS-2015の分析研究課題の公募」に応募し採択された方のみ利用できます。 執筆要領など、応募の詳細はJGSS研究センターのホームページ http://jgss.daishodai.ac.jp をご覧ください。 学部生や大学院生の皆様にもご案内いただけたら幸いです。 問い合わせ先:大阪商業大学JGSS研究センター (できるだけ電子メールにてお問い合わせ下さい) Tel:06-6785-6013/Fax:06-6785-6011 http://jgss.daishodai.ac.jp E-mail:jgss@daishodai.ac.jp

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「分析研究課題の募集:JGSS-2015」のご案内

大阪商業大学JGSS研究センター(日本版総合的社会調査共同研究拠点)では、2000年に開始した日本版総合的社会調査において、JGSS-2006からJGSS-2012まで実施していた、分析研究課題の公募を再開します。 JGSS-2015(EASS 2014/2015を含む)のテーマは「仕事と生活」です。 受付期間は2019年7月~2019年12月まで(毎月25日締切)です。 優れた分析案をご提案いただければ、信頼性の高い調査データを一般公開以前に利用していただけるほか、研究に対する支援も行います。 ただし、最初の成果は、JGSS研究センターで開催する研究会でご報告ください(国内旅費支給)。2020年1月11-12日に大阪商業大学で開催予定の「JGSS国際シンポジウム2020」において、報告していただくこともあります(国内旅費支給)。 なお、採択者はJGSS研究センターの共同研究者として、嘱託研究員(無給)になっていただく必要があります(大学院生の場合は、JGSS調査研究奨励プログラムの参加者となります)。 募集の詳細は、JGSS研究センターのウェブサイト(「分析研究課題の公募」 http://jgss.daishodai.ac.jp/questions/que_analytical.html)をご覧ください。 問い合わせ先:大阪商業大学JGSS研究センター (できるだけ電子メールにてお問い合わせ下さい) Tel:06-6785-6013/Fax:06-6785-6011 http://jgss.daishodai.ac.jp E-mail:jgss@daishodai.ac.jp

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

ニューズレター Vol.34, No.2 (May 2019) 掲載のお知らせ

ニューズレター最新号(Vol.34, No.2)を掲載します.第68回数理社会学会大会(熊本県立大学)関連の情報などが収録されています。 ニューズレターは会員の方のみ閲覧可能です.パスワードは会員向けメーリングリストにてお知らせしています.
※ニューズレターは電子ファイルによる配信が原則となります.紙媒体での郵送につきましては,廃止の方向で現在検討中です.
※過去のニューズレターはここから読むことができます。

Posted in ニューズレター | Leave a comment

第35回ファジィシステムシンポジウム(FSS2019)開催案内

今年のファジィシステムシンポジウムを下記の内容で開催いたします。
ファジィ理論をはじめ、知能情報システムに関する講演やイベントを予定しております。
会員の皆様からの企画提案も歓迎いたします。多数の皆様のご参加をお待ちしております。
なお、詳細につきましては本シンポジウムのウェブページ(http://fss.j-soft.org/2019/)に順次掲載する予定です。

■テーマ:ファジィ・トレック~曖昧さと活きる知能科学の探究~
■会 期:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土)
■会 場:大阪大学 豊中キャンパス 〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町
■主 催:日本知能情報ファジィ学会(SOFT)
■共 催:国際ファジィシステム学会(IFSA)
■懇親会:2019年8月30日(金)夕刻より懇親会を開催します。
■スケジュール:
2019年4月5日(金):企画セッション提案申込締切
2019年5月17日(金):講演申込締切
2019年6月28日(金):講演原稿送付締切
2019年7月30日(火):事前参加申込締切
■運営組織
実行委員長:    乾口 雅弘(大阪大学)
プログラム委員長: 亀井 圭史(西日本工業大学)
財務委員長:    楠木 祥文(大阪大学)
会場担当:     関 宏理(大阪大学)、生方 誠希(大阪府立大学)

実行委員:(順不同)
星野 孝総(高知工科大学), 川本 一彦(千葉大学), 藤本 勝成(福島大学),重井 徳貴(鹿児島大学), 大久保 友幸(産業技術大学院大学), 増田 寛之(富山県立大学), 奥嶋 政嗣(徳島大学), 中島 智晴(大阪府立大学), 円谷 友英(兵庫県立大学), 高萩 栄一郎(専修大学), 堀口 由貴男(京都大学), 三好 哲也(阪南大学), 井田 正明(大学改革支援・学位授与機構), 本多克宏(大阪府立大学), 布施 陽太郎(関西大学)

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

教員公募情報(専修大学人間科学部社会学科)

専修大学人間科学部社会学科専任教員(比較社会論)の公募のお知らせ

(7月1日締め切り)

採用人員: 1名

職名: 教授・准教授・講師

専門分野:比較社会論 とくに混合研究法、分析社会学、または計算社会学などの研究法 に通じていることが望ましい。

担当科目:「質的分析法」「比較社会論」「専門ゼミナールA,B」など

着任時期: 2020年4月1日

募集締切: 2019年7月1日必着

詳細は下記の大学ホームページをご覧ください。

https://www.senshu-u.ac.jp/about/recruitment/teacher.html

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

「日本世論調査協会 研究会」(2019/06/28開催)のご案内

公益財団法人日本世論調査協会の2019年6月研究会が以下のように開催されます.

日時:2019年6月28日(金)16:30~18:00
場所:日本新聞協会 7階大会議室
https://www.pressnet.or.jp/access/
講演者:Emma Porio 教授(Ateneo de Manila 大学,フィリピン)
題目:Survey/Polling Climate in the Philippines:
Experiences of a Nation-Wide Survey on Happiness and
Opinion Polls by Social Weather Station and Pulse Asia

内容はフィリピンにおける社会調査および世論調査の実情についてです.
参加申込方法など詳細は http://japor.or.jp/s20190628/ をご覧ください.

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

日本行動計量学会第47回大会のご案内

日本行動計量学会第47回大会ご案内

47回大会実行委員会

実行委員長 狩野 裕(大阪大学)

実行副委員長 鈴木 讓(大阪大学)

47回大会は201993()96()の日程で大阪大学豊中キャンパスにて開催致します.会員の皆様にはぜひ積極的なご参加を賜りますようお願い申し上げます。(敬称略)

                 

大会開催要領

日  程: 201993()96()

場  所: 大阪大学豊中キャンパス(大阪府豊中市待兼山町1-3

アクセス: 大阪大学豊中キャンパス:

https://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/accessmap.html#map01

大会日程

5/31(金) 一般研究発表申込締め切り

6/17(月) 抄録原稿提出締め切り

6/28(金) 速報版プログラムのウェブ公開予定

7/26(金) プログラム冊子送付予定

8/02(金) 事前参加申込締め切り

8/06(火) 事前参加費振込み締め切り

9/03(火)~9/6(金) 47回大会(9/3はチュートリアルセミナーのみ)

(事情により変更することがあります)

お問い合わせ先

参加登録,抄録提出など,ウェブでの手続き関係

大会ヘルプデスク bsj-desk@bunken.co.jp

大会全般の問い合わせ

47回大会実行委員会 bms2019taikai@gmail.com

Posted in その他お知らせ | Leave a comment

第68回大会(2019年8月30日から31日)Call for papers

第68回数理社会学会大会は、2019年8月30日(金)から31日(土)の2日間にわたり、熊本県立大学にて開催されます。下記、報告募集要項(CFP)をご覧の上、ふるってお申し込みください。 報告申し込み期間は、2019年6月8日(土)~6月22日(土)(必着)です。 「会員発案の特別企画」の申込期間は、2019年5月21日(火)~5月30日(木)(必着)です。 自由報告もしくは萌芽報告を申し込まれる際は、以下のリンクより、必要事項を記入し送信してください。 以下のフォームには、トラベルグラントとベビーシッターの申し込みを記入する欄もありますので、それらを申請される方は、そちらにもご記入ください。
報告されない方で、ベビーシッターを申し込まれる方は、以下のメールアドレス宛に、6月22日(土)までにご連絡ください。
jams.research[at]gmail.com ([at]は@に変更)
報告申し込み(自由報告・萌芽報告共通とトラベルグラント申請)
報告募集要項(PDF版):JAMS68_CallforPapers(20190522使用機器情報を更新しました)
「会員発案の特別企画」募集要項(PDF版):JAMS68_SessionProposal
自由報告の要旨見本(Word版:日本語): JAMS68_Form_J
自由報告の要旨見本(Word版:英語):JAMS68_Form_E
トラベルグラントの募集:Call for application

Posted in トラベルグラント, 学会大会 | Leave a comment

二次分析研究会(東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター)のご案内

東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターでは、データアーカイブに収録されている調査データの有効活用を推進するため、共同利用・共同研究拠点事業として「二次分析研究会」を行っています。研究会は「参加者応募型研究」と「課題公募型研究」の2つに分かれます。以下の詳細をご覧いただき、参加をご検討くださいますようお願い申し上げます。

■参加者公募型研究について
「参加者公募型」研究は、あらかじめテーマを設定し、参加者を募って二次分析を行う研究会です。1年をかけて分析を行い、翌年の2月か3月の成果報告会にて研究成果を発表、ディスカッションペーパーにその成果をまとめます。
2019年度のテーマは、「全国高齢者パネル調査による高齢期の健康と生活に関する二次分析」です。
研究会では、東京都老人総合研究所(現:東京都健康長寿医療センター研究所)、ミシガン大学、東京大学が共同で実施している「老研-ミシガン大-東大 全国高齢者パネル調査」の実施担当者を講師に迎え、二次分析を行います。このパネル調査は、全国から無作為抽出された60歳以上の男女を対象に、1987年より約3年ごとに実施しているもので、2006年のWave7までの分析が可能です(SSJDAで公開済)。調査項目は、家族、友人・近隣関係、就労・社会参加、ライフイベント、健康・ウェルビーイング、生活習慣、保健福祉サービスの利用、経済状態など多岐にわたります。また、同じ対象者の追跡調査を継続しながら、新規対象者の抽出・追加も行われており、1999年のWave5では、後期高齢者に焦点を当てた課題にも対応できるよう、70歳以上の大規模標本が追加されました。したがって、7 waves(19年間)の長期縦断データとしての利用はもちろんのこと、一部のWaveに焦点を当てた分析も可能です。このように、高齢期の健康と生活に関する様々な分析課題の設定が可能な質・量ともに充実したデータですので、幅広い研究分野からの参加を歓迎します。研究会や調査の概要などについては、下記をご覧ください
https://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/secondary/collegiumA/2019/

■課題公募型研究について
「課題公募型」研究は、申請者が研究テーマ・利用データ・共同研究者を設定して応募し、弊センターが所有する社会調査データを用いて Continue reading

Posted in その他お知らせ | Leave a comment