日本行動計量学会国際シンポジウム「行動計量学のためのベイズ流アプローチ」のお知らせ

日本行動計量学会は、電気通信大学との共同開催にて、国際シンポジウム「行動計量学のためのベイズ流アプローチ」を下記の要領で開催いたします。このシンポジウムのために、因果分析のパイオニアであるDonald B. Rubin博士(Harvard大学名誉教授)および、テスト理論に関する権威者Wim J. van der Linden博士(Twente大学名誉教授)が来日されます。また、日本からは、因果分析などについて国際的に評価される業績の多い星野崇宏教授(慶應義塾大学)の講演もあります。これら3つの講演は、ベイズ統計学という共通のアプローチを用いています。

シンポジウム 行動計量学のためのベイズ流アプローチ

主催 日本行動計量学会 共催 電気通信大学
日時 平成30年12月1日(土曜日)10:30-16:20
場所 電気通信大学 西10号館 2F 大会議室(233号室)
参加費 無料

プログラム
司会 繁桝算男(慶應義塾大学)
1. 10:20-10:30
主催者挨拶・講演者紹介
2. 10:30-12:00
Donald B. Rubin “Rubin Causal Model and its recent Bayesian Implementations”
3. 13:00-14:30
Wim J. van der Linden “Bayesian Approaches to Real-Time Testing”
4. 14:50-16:20
Takahiro Hoshino “Bayesian inference of heterogeneous causal effects”

事前に参加者数を把握したいため、参加希望者は必ず https://goo.gl/forms/8qaEDufSIZa9OOpK2 にて、参加申し込みを行った上、当日、直接会場へお越しください。
参加者数によっては、部屋が変更になる可能性がございます。

*日本行動計量学会の会員、電気通信大学の関係者であるかどうかを問わず、一般に公開されます。参加費は無料です。
*プログラム2と3の講演は英語で行なわれます。
*JSPS科研費JP18HP2006の助成を受けています。

This entry was posted in その他お知らせ. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ