機関誌 『理論と方法』

Sociological Theory and Methods

年2回発行 ISSN 0913-1442

■論文を投稿される方へ

  • 『理論と方法』投稿規程(2016年3月31日改訂)・執筆要項(2016年9月30日改訂)はこちら
  • ワード用テンプレート・ファイル(2016年9月30日改訂)はこちら

■目的

本誌は数理社会学会の機関誌で,社会学およびその関連領域の研究成果を刊行します(投稿規程第1条).

■刊行

年2回,3月と9月(投稿規程第1条).

■投稿

会員・非会員をとわず,いつでも投稿できます(投稿規程第2条).

■編集委員会(2019年4月~2021年3月)

編集委員長  神林博史(東北学院大学)
副編集委員長  瀧川裕貴(東北大学)
                    大林真也(青山学院大学) 
                    小田中悠(慶應義塾大学大学院)
                    鈴木努(東北学院大学) 
                    多喜弘文(法政大学) 
                    竹内麻貴(山形大学)
                    太郎丸博(京都大学)        
事務局担当   眞田英毅(東北大学大学院)

■『理論と方法』編集委員会 連絡先

〒981-3193  宮城県仙台市泉区天神沢2-1-1 東北学院大学教養学部人間科学科
神林博史研究室 TEL. 022-773-3712 FAX.022-375-1198          jams.editor@gmail.com

■『理論と方法』ウェブ公開

本誌のこれまでの全記事が,電子版として以下でウェブ公開されています(内容は冊子版と同一).一部の記事は公開から半年間,会員限定となっています.半年後以降,すべての記事が一般公開され,どなたでも閲覧し,PDF ファイルのダウンロードをできます.
科学技術情報発信・流通総合システム(J-STAGE) www.jstage.jst.go.jp

■数理社会学会ウェブサイト

www.jams-sociology.org

■発行

〒337-8570  埼玉県さいたま市見沼区深作307 芝浦工業大学システム理工学部
武藤正義研究室 TEL.048-687-5348 

■発売

〒188-0013 東京都西東京市向台町2-11-5 ハーベスト社 TEL.0424-67-6441 FAX.0424-67-8661

■定価

1,500円(税別)

■これまでの編集委員長

盛山 和夫(1986~89年)
原 純輔(1990~91年)
海野 道郎(1992~93年)
志田 基与師(1994~95年)
白倉 幸男(1995~97年)
今田 高俊(1998~99年)
土場 学(1999~2001年)
木村 邦博(2001年)
近藤 博之(2002~03年)
佐藤 嘉倫(2003~05年)
太郎丸 博(2005~07年)
渡辺 勉(2007~09年,2013~15年)
数土 直紀(2009~11年)
浜田 宏(2011~13年)
小林 盾(2015~17年)                                       武藤正義(2017~2019年)

■創刊の辞(1巻1号,1986年11月)

本誌は数理社会学会の機関誌であり,数理社会学を中心に関連する諸領域の理論と方法の発展のために,研究を速やかに発表し,研究者間の率直で公平な相互批判を交わし合う基盤となるために創刊される.(中略)

『理論と方法』は(中略)次の具体的な方針を採用する.(1)投稿資格に制限を設けず,非会員の投稿を歓迎する.(2)数理計量的な研究だけでなく広くさまざまなスタイルの研究を受け付ける.(3)明晰で論理的であることを重視する.とくに数理社会学一つの危険な悪弊である高踏すぎる数学表現をできるだけ回避する.(4)相互批判と論争を歓迎する.(5)審査制をとる.

数理社会学は一つの方法である.しかし,この方法には神秘的なものや超個人的なものはなにもなく,広く万人に開かれている.この普遍の方法を通じて,本誌『理論と方法』は社会学および隣接する学問の理論的発展のための共同の研鑽の場となることをめざしている.

コメントを残す